About JSME学会について

 会長挨拶 


 本学会は、道徳の時間の特設に先んずる昭和32年に発足して以来、道徳教育の中核的な学会として60年を 超える息の長い歴史を刻んできました。会員数も年々増加し、今では1000人にも届く研究同志が互いの教育 論や授業論を磨き合う場として生かし合っています。
 時代は令和となりました。平成から新時代への移行と機会を同じくして、小中学校段階で教科書を生かした 道徳科が全面実施となり、道徳教育は名実ともに新たなステージに入りました。私たちは、今こそ、この機会 を大きなチャンスととらえ、本会が永年蓄積してきた叡智を「不易」なる礎として、また、社会の変化の中で 生まれた「流行」とも言うべき様々な教育課題に対峙しつつ、道徳教育の新たな地平を切り拓いていかなくては なりません。
 この節目となる令和最初の会員総会(令和元年6月30日開催)にて、本会の会長を務めさせていただくことに なりました。私自身、非才を自覚しており、緊張の思いがやみませんが、先達が脈々と引き継ぎ、累々と築かれ てきた学会活動を発展的に引き継ぎ、皆様のチーム力を活力としながら、道徳教育研究の前途を照らし、道徳教育 実践の後押しとなるような企画や活動に力を尽くしたいと念じています。その中で、本会が会員一人一人にとって より確かな学びと自己実現の場となればこの上ないことです。
 どうぞ、皆様の忌憚のないご意見と率直なご要望をお寄せいただくとともに、ご指導ご助力くださいますよう よろしくお願いいたします。

永田 繁雄